現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年04月11日

家庭用品による健康被害について知りたい。

No.13477

回答

家庭用品による健康被害については、厚生労働省がモニター病院等に委託して、病院モニター報告としてまとめています。
平成27年度についてみると、皮膚科関係で報告の多い家庭用品は、装飾品が31.3%を占め、ゴム・ビニール手袋、時計、めがね、下着の順で、アレルギー性接触皮膚炎と刺激性接触皮膚炎がほとんどを占めました。また、小児の誤飲事故では、タバコが22.0%と最も多く、医薬品・医薬部外品、プラスチック製品、玩具、金属製品がそれに続く結果となりました。
なお、モニター病院等は、次のとおりです。

1 皮膚科領域 8施設
2 小児科領域 8施設
3 吸入事故等領域 1施設

関連するページ

  • 家庭用品の安全対策外部サイトへリンクします

    厚生労働省の家庭用品の安全対策に関するページです。安全対策や製品事故等についての掲載があります。

このよくある質問に対するお問い合わせ先

川崎区役所 保健福祉センター 衛生課 電話:044-201-3223
幸 区役所 保健福祉センター 衛生課 電話:044-556-6681
中原区役所 保健福祉センター 衛生課 電話:044-744-3271
高津区役所 保健福祉センター 衛生課 電話:044-861-3322
宮前区役所 保健福祉センター 衛生課 電話:044-856-3270
多摩区役所 保健福祉センター 衛生課 電話:044-935-3306
麻生区役所 保健福祉センター 衛生課 電話:044-965-5164
健康福祉局 保健所 生活衛生課 電話:044-200-2448

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。