現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年08月31日

小児医療費助成制度について知りたい。

No.12867

回答

小児医療費助成制度とは、市内にお住まいの健康保険等に加入している0歳から中学卒業までのお子さまに対し、保険医療費の自己負担額(食事療養標準負担額を除く。)を助成する制度です。ただし、1歳以上のお子さまについては申請者(保護者)の方の所得制限があります。(詳細はFAQ12855を参照してください)
また、当制度はお子さまの年齢により助成範囲等が異なります。

1 0歳~小学校6年生
(1) 助成の範囲 入院・通院の保険医療費の自己負担額です。
(2) 申請に必要なもの
ア 健康保険証(お子さまの名前が入ったもの)
イ 印鑑(朱肉を使うもの)
ウ 所得を証明する書類(1歳以上の場合必要、詳細はFAQ12873を参照してください)
 ※御家庭の状況等により、川崎市が必要と認める書類の提出をお願いすることがあります。
 ※資格発生日は出生日や転入日からとなります。
(3) 利用のしかた
受給資格審査後、認定となった場合は医療証を交付いたします。
受診される場合は医療証と健康保険証を医療機関の窓口に提示してください。
小学校4~6年生の自己負担上限額までの支払を除き、原則として医療費の支払はありません。
※小学校4~6年生であっても、申請者(保護者)が市民税所得割非課税の場合には、通院(診療等)にかかる保険医療費の自己負担額も全額助成いたします(医療機関窓口での支払はありません)。    
(4) 申請窓口 
各区役所保険年金課国保給付・医療費助成係または各支所区民センター保険年金係
(5) 受付時間
月曜~金曜 午前8時30分~午後5時
第2・第4土曜(区役所のみ) 午前8時30分~午後0時30分

2 中学生
(1) 助成の範囲 入院の保険医療費の自己負担額です。(差額ベット代、文書料等健康保険のきかないものは助成できません)
(2) 必要なもの
ア 健康保険証
イ 所得を証明する書類(詳細はFAQ12873を参照してください)
ウ 医療機関の発行した領収書
エ 申請者名義の預金通帳または口座番号の分かるもの
オ 高額療養費支給決定通知書(必要な方のみ)
(3) 利用の仕方
医療証の交付はありません。
医療機関の窓口にて医療費を支払った後、受診月の翌月1日以降、なるべく早めに申請をしてください。
(平成29年3月以前の受診分)
 受診した翌月1日から1年以内に申請してください。
(平成29年4月以降の受診分)
 受診した翌月以降、なるべく早く申請してください。受診してから5年を過ぎた場合は時効となり、助成できません。
(4) 申請窓口
各区役所保険年金課国保給付・医療費助成係または各支所区民センター保険年金係
(5) 受付時間
月曜~金曜 午前8時30分~午後5時

このよくある質問に対するお問い合わせ先

お住まいの区・地区の窓口へお問い合わせください。
川崎区役所区民サービス部保険年金課 国保給付・医療費助成係
電話:044-201-3277
大師支所区民センター 保険年金係 電話:044-271-0159
田島支所区民センター 保険年金係 電話:044-322-1987
幸区役所区民サービス部保険年金課 国保給付・医療費助成係
電話:044-556-6722
中原区役所区民サービス部保険年金課 国保給付・医療費助成係
電話:044-744-3202
高津区役所区民サービス部保険年金課 国保給付・医療費助成係
電話:044-861-3178
宮前区役所区民サービス部保険年金課 国保給付・医療費助成係
電話:044-856-3275
多摩区役所区民サービス部保険年金課 国保給付・医療費助成係
電話:044-935-3231
麻生区役所区民サービス部保険年金課 国保給付・医療費助成係
電話:044-965-5264
こども未来局こども支援部こども家庭課医療費助成係 
電話:044-200-2695

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。