現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年05月10日

認可保育所の延長保育について知りたい。

No.12746

回答

通常の保育時間では、保護者などが、勤務時間や通勤時間などの事情により、お子さんを送り迎えできない場合に、ご利用いただく制度です。実施施設など制度の概要は次のとおりです。

(1)実施施設
市内の全認可保育所で実施しています。各保育所の延長保育時間は、運営形態によって、下記のとおりとなります。

運営形態 延長保育時間
◎公営保育所
 18:30~19:00
◎民営保育所
≪開所時間が 7:00~18:00の場合≫
 18:00~19:00又は18:00~20:00
≪開所時間が 7:30~18:30の場合≫
 7:00~7:30の朝延長及び
 18:30~19:00又は18:30~20:00
※ただし、一部の民営保育所の中には、土曜と乳児の延長保育を実施していないところもありますので、各園の重要事項説明等においてご確認ください。

(2)利用条件
通常の保育時間では、保護者などが、勤務時間や通勤時間などの事情により、お子さんを送り迎えできない場合

(3)延長保育料
◎朝・夕の時間帯に関わらず徴収するもの
30分延長の保育料       月額1,000円
1時間延長の保育料      月額2,000円
1時間30分延長の保育料   月額3,000円
2時間延長の保育料      月額4,000円
※上記金額は、実際の毎日の利用の有無にかかわらず、当該延長保育登録をしていることをもって、月額でお支払いいただきます。なお、生活保護世帯と市民税非課税世帯の場合は、上記延長保育料が免除となります。
◎夕方のみ徴収するもの
補食代実費相当額 月額1,500円程度(園によって異なります)
※ただし、延長保育時間が長くなる場合等で、希望制により夕食提供を行う場合等は、上記補食代実費相当額に加え、必要な額を徴収させていただくことがあります。詳しくは、各園にご確認ください。

延長保育料の納入方法は、公営保育所の場合は、通常の保育料と合わせて納入し、民営保育所の場合は、各保育所に別に納入することとなります。

(4)「短時間認定」を受けたお子さんの延長保育の取扱い
「短時間認定」を受けたお子さんがコアタイムの範囲外で、保育を利用する場合には、その前後30分単位で、上記延長保育料(月額1,000円から30分増えるごとに+1,000円、補食代実費相当額を除く。)による延長保育扱いとなります。

(5)申込方法
各保育所に、お申込みください。延長保育の実施決定にあたっては、園の承諾が必要となります。

このよくある質問に対するお問い合わせ先

川崎区保健福祉センター児童家庭課児童家庭サービス係
電話:044-201-3219
大師地区健康福祉ステーション児童家庭係
電話:044-271-0150
田島地区健康福祉ステーション児童家庭係
電話:044-322-1999
幸区保健福祉センター児童家庭課児童家庭サービス係
電話:044-556-6688
中原区保健福祉センター児童家庭課児童家庭サービス係
電話:044-744-3263
高津区保健福祉センター児童家庭課児童家庭サービス係
電話:044-861-3250
宮前区保健福祉センター児童家庭課児童家庭サービス係
電話:044-856-3239
多摩区保健福祉センター児童家庭課児童家庭サービス係
電話:044-935-3297
麻生区保健福祉センター児童家庭課児童家庭サービス係
電話:044-965-5158
市民・こども局こども本部保育事業推進部保育課
電話:044-200-2662

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合せ先

川崎市 こども未来局子育て推進部保育課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2662

ファクス:044-200-3933

メールアドレス:45hoiku@city.kawasaki.jp