現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年04月12日

建築物省エネ法について知りたい。

No.11846

回答

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)では、以下の行為をしようとする際に、適合性判定又は届出が義務付けられています。

■適合性判定
 以下に該当する建築行為を行う場合、省エネ計画を提出し適合している旨の通知の交付を受けなければ確認済証の交付が受けられません。
 
 ・床面積2,000平方メートル以上の非住宅建築物の新築
 ・床面積300平方メートル以上の増改築を行い、増改築後に2,000平方メートル以上となる非住宅建築物
 

■届出
 以下に該当する建築行為を行う場合、工事着手の21日前までに届出が必要です。 
 
 ・床面積300平方メートル以上の住宅の新築
 ・床面積300平方メートル以上2,000平方メートル未満の非住宅建築物の新築
 ・床面積300平方メートル以上の増改築

なお、省エネ法において義務付けられていた3年毎の定期報告は、平成29年3月31日をもって制度廃止となりました。

詳細については、下記のページをご覧ください。

関連するページ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合せ先

川崎市 まちづくり局指導部建築指導課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3026

ファクス:044-200-0984

メールアドレス:50kesido@city.kawasaki.jp